テレビCMを打つ意味は?どんな効果が見込めるのか

最近、テレビを観る若者が減っている、という記事をよく目にしますよね。YouTubeなどのSNSの普及や、動画配信サービスなどの広がりなど、テレビでなくても動画を楽しめるサービスがあふれかえっています。しかし、人気俳優が出演しているドラマや、アイドルの番組、アニメなど、テレビを観ている若者がいるのも事実です。若者だけでなく、多くの人々がテレビを観ています。

テレビCMを打つ意味

テレビCMを打つ意味は、ブランドイメージの向上です。例えば、同じような商品が2個並んでおり、片方はCMが放映されている商品、片方は聞いたことのない社名の商品があったとします。その場合、どちらを選ぶ人が多いでしょうか。恐らく、「安心できる」とCMを放映している商品の方を選ぶ方が多いと思います。テレビCMは、ブランドセーフティが高く、ひいては購買に繋がります。このように、テレビCMは認知度アップに繋がり、他社との差別化を図ることができます。

また、「CMで見た商品をコンビニで見つけたからつい手に取ってしまった」、「CMを見てほしくなった」など、商品の良さや特徴を幅広い年代に届け、購買に繋げることができるのも打つ意味の一つです。

加えて、能動的に検索をして情報を得るスマホやパソコンとは異なり、テレビはなんとなく見ていても情報を得ることができる受動的なメディアです。そのため、自分から調べてもらわなくとも、幅広い人に興味関心を持ってもらうことができるのも大きな特徴です。

テレビCMの種類

テレビCMは、大きく2種類に分けることができます。それが、「タイムCM」と「スポットCM」です。この2つはそれぞれ役割が異なります。

〈タイムCM〉

タイムCMとは、広告主が提供した番組に含まれるCM枠内で放送できるCMです。番組の途中で、「ご覧のスポンサーの提供でお送りしました」というアナウンスをよく聞きますよね。ここで流れたスポンサー企業のCMが流れます。

タイムCMのメリットは、番組イメージと、企業や商品のイメージをリンクさせ、よりブランディング効果を期待できるという点です。最低30秒から利用することができ、番組を見るターゲット層と、商品のターゲット層を同じにすることで効率よくアプローチできます。

〈スポットCM〉

スポットCMとは、番組に関係なく、それぞれのテレビ局が定める時間に挿入される枠です。番組と番組の間や、番組内に確保された時間に流すことができます。

様々な時間帯に放送することができ、幅広いターゲットに見てもらうことができます。

このように、テレビCMといっても、種類があり、それぞれ役割が違います。しかし、自社の商品にふさわしいCMの種類を見極めるのは難しいですよね。そういう時は、自社に合ったテレビCMを相談できるCMの窓口というサービスを使うと良いでしょう。ここは、広告出稿を総合的にサポートしてもらえる相談窓口です。CMづくりを何から始めたらいいのか、認知度をアップしたいなどを相談することができます。 テレビCMだけでなく、ラジオCMやYouTube広告、映画館CMなども相談でき、より自社に合ったものを選ぶことができます。広告は、時間の枠やターゲットを決め、どのように運用していくのかが重要です。効果的な広告になるように、相談してみてはいかがでしょうか。

テイクアウトやデリバリーを始めたら、チラシのポスティングでお客様にお知らせしましょう

テイクアウトやデリバリーを始めたら、チラシのポスティングでお客様にお知らせしましょう

コロナ渦以降、入店人数の制限や営業時間の短縮などを迫られ、飲食店にとっては非常に苦しい状況が続いています。落ちてしまった売り上げを少しでもカバーするために、テイクアウトやデリバリーを始めたという飲食店も多いと思います。

しかしながら、テイクアウトやデリバリーを始めたということをお客様に知ってもらう機会が少なく、なかなか集客につながらない、とお悩みの経営者の方も多いのではないでしょうか。

より多くの方にテイクアウトやデリバリーの開始を知ってもらい、また注文してもらうためには、魅力的なチラシを用意しポスティングすることが有効です。ポスティングは、SNSやWEBサイトでの告知に比べ、ピンポイントのエリアで効果を発揮しやすいという特徴があります。テイクアウトやデリバリーの利用客の多くは「お店の周辺に住んでいる人」や「お店の周辺で働いている人」です。チラシのポスティングは、まさにテイクアウトやデリバリーのターゲットを呼び込むのにうってつけの宣伝方法であると言えます。

ポスティング用のチラシはどうやって作る?

多くの飲食店がテイクアウトやデリバリーを始めた現在、住宅街のポストには、周辺の飲食店のチラシが何枚もポスティングされています。何枚ものチラシを手に取って見た時、お客様はよりチラシから魅力を感じ取れたお店に足を運ぶでしょう。

お店や提供している料理の魅力をお客様に感じ取ってもらうためには、魅力的なチラシを制作する必要があります。美味しそうな料理の写真が掲載されているチラシや、オシャレなデザインのチラシは、それだけで目を引きます。では、お客様の目を引く優れたデザインのチラシは、どのようにして制作すれば良いのでしょうか。

最もおすすめの方法は、デザインテンプレートを活用したチラシ制作です。あらかじめチラシ全体のカラーリングや、画像や文字のレイアウトが決められているテンプレートを用いれば、手軽にデザイン性の高いチラシを作ることができます。

デザインテンプレート

デザインテンプレートは無料で配布されているものもあります。しかし、無料のテンプレートはほかの飲食店と同じデザインを選んでしまう可能性があります。また、文字や画像の位置調整などは、基本的に自身で行わなければなりません。

コストをあまりかけず、かつクオリティの高いチラシを作りたい場合、テンプレートを使ったチラシデザインを行ってくれる業者への依頼がおすすめです。ゼロからチラシのデザインを行う印刷会社やデザイン事務所などに依頼するより費用面ではかなりお手頃ながら、細かい調整をデザイナーが請け負ってくれるので、ハイクオリティに仕上がります。チラシの出来は集客効果に大きく影響します。画像の編集やデザインに関する知識、技術がないという場合は、ぜひそのような業者の利用を検討してみてください。

集客できるYoutube動画を制作するには

集客できるYoutube動画を制作するには

コロナ渦による影響で、自宅で過ごす時間が増えたという方が非常に多い昨今。通販や宅配などの業態が飛躍的に業績を伸ばしていることはよく知られていますが、ほかにも業績を伸ばしている分野があります。動画配信サービスYoutubeもその1つです。

Youtubeは、インターネット環境さえあれば手軽に様々な動画を見ることができるため、多くの方に利用されています。投稿者は一般の方も多いですが、芸能人や事業の運営者の方も多くいます。事業者にとっては、動画を投稿することにより、広告のように高額の費用を要することなく宣伝ができるので、集客において有効な手段であると言えます。

しかしながらYoutubeの動画は、投稿したら必ずしもユーザーに見てもらえるとは限りません。ユーザーにとって有益な内容の動画にするだけでなく、ユーザーの興味を引くサムネイルを設定するなど工夫しなければ、視聴数を増やし集客につなげることは難しいでしょう。

Youtube動画は自社で作るべきor制作会社に依頼するべき?

Youtube動画は自社で作るべきor制作会社に依頼するべき?

Youtubeに投稿する動画の作り方としては、大きく分けて「自社(個人)で作る」「映像制作会社などに依頼する」の2つのパターンがあります。動画の製作には、カメラや音響機器などの撮影用設備と、編集のためのツールが必要です。それらが自社にあり、また使いこなせる人材がいる場合は、自社で動画を制作することは可能です。

自社で動画を制作する最大のメリットは、動画制作にかかるコストを抑えることができるという点です。しかしながら、かなり高い撮影・編集の技術がなければ、多くの人に見てもらえる動画を作ることは難しいでしょう。動画のクオリティは集客結果に大きく影響します。ハイクオリティな動画でなくても多くの人見てもらえる場合もありますが、ほとんど運次第と言ってもいいかもしれません。ユーザーの関心を引く動画内容を企画する能力も求められます。

Youtubeの動画で大きな集客効果を得たいと考えるのなら、やはりプロフェッショナルである映像制作会社に依頼することがおすすめです。映像制作会社は数多くありますが、特にこちらのような企業のYoutubeチャンネルのコンテンツ制作実績がある制作会社が良いでしょう。「EPOCL」というこの制作会社は、テレビ番組の企画や制作も行っており、今の時代にマッチするバラエティ感のある映像制作を得意としています。ハイクオリティな動画を制作してくれることはもちろん、ユーザーの興味を引く動画の企画も任せることができます。

DMのマーケティング効果を高める2つの重要なポイントについて解説

DMのマーケティング効果を高める2つの重要なポイントについて解説

近年、集客や販売促進のために、ホームページやSNSが使われるケースが増えました。一方で顧客に合わせた内容で訴求できるというメリットから、並行してDMを活用している企業も少なくありません。

DMは、顧客の反応によって内容を変更したり、カタログや試供品を添付したりといった工夫ができるダイレクトマーケティングの一種です。低コストで高いマーケティング効果を見込める、費用対効果が高い施策として知られています。

マーケティング効果が高いDMを作るポイント

DMの制作は、どれほど目を引くかといった「デザイン」と、どれほど訴求力があるかといった「内容」の2つがとても重要です。デザインに魅力がなければ読まれずに捨てられてしまいますし、内容に魅力がなければ記憶に残りません。そこで今回は、マーケティング効果が高いDMを作るポイントを、デザインと内容に分けて解説します。

【デザイン】
文字のみのDMより、イラストや写真を使用したほうが目を引きます。この時、商品の写真やイラストを使用したくなりますが、それよりも商品を利用することで得られる恩恵をイメージできる写真を掲載すると、顧客への訴求効果が高まります。

他には、ターゲットとなる顧客をイメージした写真もよく使われます。例えば学生服について訴求するならば制服を着た中学生や高校生、メイク用品について訴求するならば若い女性の写真といった感じです。

写真の他には、鮮やかな色を使うことでも顧客の目を引くことができます。

【内容】
DMは掲載できる情報が少ないため、商品の特徴を詳細に説明するよりは、訴求力のあるキャッチコピーや、商品のメリットを簡潔に記載したほうが顧客の関心を引くことができます。商品に興味を持ってもらった時のために、問い合わせ先を記載しておくと反応を得やすくなります。

デザインや内容さえ決まれば、無料のアプリケーションやソフトを使用して自社でもDMを制作できます。様々な無料アプリケーションやソフトが提供されているので、調べてみてください。

印刷は専門会社への依頼でスピーディーに

自社で制作する場合も、印刷は専門の会社に依頼する企業が多いです。なぜならDMは多くの顧客に対して発送するため、印刷する枚数も何百枚、何千枚になります。特に宛名を印刷する場合、大変な負担になり時間もかかります。専門の会社ならば、専用の機械を所有していることがほとんどなので、作業の負担を軽減しつつ、スピーディーに印刷ができます。

DMの印刷は、印刷会社に依頼する場合もあれば、制作から発送までの一連の作業を代行しているDM会社に依頼する場合もあります。DMの発送にかかる送料を安く抑えるという点では、印刷から発送までをDM会社に一貫して依頼してしまう方法がおすすめです。

印刷から発送までの作業を請け負っているDM会社には、メールカスタマーセンター株式会社があります。DM印刷のみの発注もできるので、従業員の負担やコストを考慮し、自社に合わせて作業を依頼しましょう。