ミシュランガイドの評価の意味や調査員の見るポイント

ミシュランガイドの評価の意味や調査員の見るポイント

ミシュランガイドは世界で最も有名なグルメガイドでです。いろいろな美食ガイドブックがありますが、知名度でナンバーワンでしょう。フランスの卓越いている美食文化に支えられており、100年以上の歴史を誇っているガイドブックです。三つ星と評価されるとおいしいと評判の飲食店として評価されたことになるので、世界中のシェフは三ツ星を得ることに憧れを抱いています。シェフにとっては大きな栄誉になり、星の評価を維持することによって多くのクライアントを集客することにも繋げることが可能です。調査が匿名で行われていて、一般客と同じく予約し食事して、料金を支払う流れです。

調査員はミシュランタイヤの正社員で、外国の調査員がやってきたり日本人の調査員もいます。世界統一の評価基準において調査したり評価できるよう、フランスでトレーニングを受けています。星の基準は料理だけで、素材の質や技術の高さ・味付けの完成度などをチェックされたり、独創性やコストパフォーマンスなどもチェック項目です。常に安定した料理で全体の一貫性も問われるでしょう。

一つ星の場合はそのカテゴリーにおいて特に美味しい料理という意味があり、二つ星の場合は遠回りしてでも行ってみる価値がある料理です。三つ星はそのために旅行してもよい価値がある卓越した料理になります。

飲食店が集客を増やすには口コミや評価を重視しましょう

飲食店が集客を増やすには口コミや評価を重視しましょう

現代はどんなビジネスでもネットに依存しています。ネットがなければビジネスが進行しないほどになってきています。店の宣伝も以前はテレビや雑誌を始めとする広告が多かったのですが、これも今はネット広告によるものが大分部です。それで、ビジネスを成功させるには、いかにうまく上手にネットを使うかにかかっています。

しかし、集客として有効なのは、ネット広告や店のホームページよりも、SNSや飲食店を比較したサイトを使った口コミだったり、個人のブログで情報を流してもらうほうが確実に客は来ます。人の心理は面白いもので噂になっている評判の良い店には、多くの客が行くのは当然ですが、人の評価があまり高くない店には、有名店であっても行きたがりません。それまで黒字経営で順調であったにも関わらず、ネット評価が下がったために、急に赤字経営に転落してしまった有名店も存在します。評判をよくするにはどうするか、店の場所やアクセス、店の雰囲気や店内の明るさや清潔さが大切で、また食事やドリンクメニューの豊富さ以外に定期的に料理を換えるなどの工夫が必要なのと店員の接客態度などが重要なのはもちろんです。

この他により多くの常連客を確保する努力をしてください。常連客が多ければ、噂が噂を呼び、多くの人が来るようになります。